茶クマ解消で美しい目元を取り戻そう!

インターネットで「茶クマを治す方法」などを検索すると、

・茶クマとは?
  ↓
・茶クマの原因
  ↓
・予防法
  ↓
・対策

このように長々と書かれた文章ばかりで文字を読むのが好きではない私はそれだけで嫌になっちゃいます。

ということで、このサイトではいきなり結論から書かせていただきます。

なぜ、これらが良いのかの理由は後で書きますので、お時間がある方はぜひご覧ください。

いきなり結論:茶クマは美白化粧品で解消する

茶クマの正体はシミくすみです。

シミにはハイドロキノンなどの美白成分が配合された化粧品でのケアを。くすみにはピーリングで古い角質を取り除いてあげる必要があります。

それら茶クマ解消に最適なコスメを3つご紹介いたします。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9はQuSome化したハイドロキノンを使用した美容クリームです。

頑固なシミを消すサイエンスコスメb.glen

QuSomeとは

QuSomeとはビーグレンが開発した美容成分を肌の奥まで届かせる特殊な技術です。

通常、美容成分というのは水溶性か脂溶性かですが、QuSomeは水のカプセルと脂のカプセルの何重構造になっていてるため、水分のゾーンでは水溶性の性質により浸透し、脂質のゾーンでは脂溶性の性質になって肌の奥まで浸透します

肌は水分と脂分のゾーンが交互に重なっている

美容成分が水と脂の両方に溶けるとなぜいいのか?

それは、人間の肌の構造が水分と脂分の層が何重にも重なっているからです。

肌の一番表面の部分である表皮、その中でもさらに上部の角層(角質層)というのは、角化細胞が幾重にも積み重なっています。

角化細胞と角化細胞の間には細胞間脂質というものがあり水分と結合して、外敵の侵入を防ぐバリアーを作っています。(保湿の意味もあります)

肌がこのような構造なので、水溶性の成分だけでは脂で弾かれてしまいますし、その逆も起こるのです。

肌というのは通常、このようにバイ菌を侵入させないのと同時に、美容成分も入っていかなかったのです。

そんな鉄壁の肌に有効な美容成分を浸透させる技術がQuSomeなのです。

シミは表皮の奥にある

そもそも、QuSomeによって奥まで浸透させる必要があるのでしょうか?

茶クマの原因のシミですが、シミは表皮の底である基底層から発生します。

基底層にある基底細胞は通常の細胞を作り出しますが、基底層にはメラノサイトというメラニン色素を作り出す細胞もあります。

美白成分として働くハイドロキノンですが、皮膚の表面に置いておくだけでは何の働きもしません。
奥に届けてやって初めて効果を発揮するのです。

だからこそ、茶クマの解消には浸透力の高いQuSome化したハイドロキノンが最適です。

詳しくは公式サイトの説明をご覧ください。図などもあって、わかりやすい解説があります。

そもそも茶クマ黒クマ青クマってなに?

そもそも、クマとは何か?
クマは細かく分けると茶クマ、黒クマ、青クマの3種類があります。
ひとつずつ見ていきましょう。

青クマ

これが本来の意味でのクマです。

青クマは目の下の皮膚が薄くなることにより、その下の組織の色が透けて見えてしまう症状です。

また、皮下組織の色が濃くなることによっても表れてきます。寝不足などが続くと目の下の筋肉の血流が滞ってクマができるのはそのためです。

青クマの改善方法は主に2つあります。

1.皮下組織の色を青くさせない
これは休息をしっかりとりましょうということです。

2.皮膚の厚みを取り戻す
こちらは皮下組織が少々青黒くなってしまっても目立たなくなるようにするという方法です。
下記の黒クマと同様にコラーゲン生成を促すスキンケアが有効です。

 

黒クマ

黒クマは影クマとも言われているだけに、目の下の皮膚のたるみの影が原因です。この場合、原因ではなく正体といったほうが正しいです。
原因はたるみですからね。
たるみができるメカニズム 図で説明したほうが早いので美容診療を行っているクリニックさんのホームページより引用元させていただきます。

mabuta2

画像出典:目の下のたるみ・上まぶたのくぼみ・三重まぶたに肌再生医療が効く理由 | 肌再生医療の J.YOSHIDA CLINIC

このように眼球を包んでいる眼窩脂肪を皮膚が支えられなくなって下側に飛び出してきてしまいます。
さらに、なぜ飛び出してしまうかの原因は、皮膚が加齢などの影響により薄くなってしまうからです。
これが目の下のたるみの原因です。

なので、黒クマのケアとしてオススメなのがエイジングケアによるスキンケアです。
コラーゲンの生成を促すスキンケアが黒クマの改善に役立ちます。

 

茶くま

そして、繰り返しになりますがもう一度説明しますと、茶くまの原因はシミやくすみです。
なので、温めたりマッサージしたりコラーゲン生成を促すケアをしても意味がないのです。

これらのように、クマにも原因は様々なので、それぞれの症状に合ったケアが必要なのです。 まずは自分のクマがどのタイプなのか知ってから、それに合ったケアをしましょう!